思考を超えた節税で企業の可処分所得の最大化を目指す:安藤税務会計事務所

トップページ > 会計実学 > お金を支払ったら経費になるとは限らないっ!

お金を支払ったら経費になるとは限らないっ!

 

「えっ!そうなの?」って思った人もいるでしょう。

っていうか案外多いんですよね、こういう人。

手元からお金がなくなったら、利益もなくなると考えていると大間違いなんですよっ!

 

こんな例を挙げるとわかりやすいんですよね。

例えば、銀行預金。

手元からお金がなくなりますけど、利益が減るわけじゃありませんよね?

これはわかるでしょ?

 

「いや、それは何かを買ったわけじゃないから・・・」って感じました?

それじゃ、これはどうですか?

土地。

土地を買ったら、経費になると思いますか?

例えば3000万円の利益が出ているとして、そのお金で3000万円の土地を買ったら利益は0になると思います?

 

 

 

ならないんですよっ!!

 

 

 

気をつけて下さいね、土地は買っただけでは経費にはなりません。

会計の世界では、お金を支払った結果は5通りもあるんです。

そしてその5通りのうちの3通りまでは、利益は減らないんです。

利益が減る残り2通りのうちの1つが経費なんです。

 

それじゃ、ここでその5通りについて簡単に触れてみましょう。

①資産の増加
   (例)銀行預金への預入、土地の購入など

②負債の減少
   (例)借入金の返済など

③資本の減少
   (例)資本金の払い戻し、配当金の支払いなど

④売上の減少
   (例)売上の返品、値引きなど

⑤費用の発生
   (例)各種経費の支出

 

わかりますか?お金の支払いが利益の減少となるのは④と⑤の2通りだけなんです。

そしてお金の支払いが経費の支出になる場合って、最後の⑤だけなんです。

 

ね、だからお金の流れと利益の流れは違うんですよ。

お金の有無と利益の有無は全く関係ありませんからね。

 

 

2007年12月30日

コメントを投稿