思考を超えた節税で企業の可処分所得の最大化を目指す:安藤税務会計事務所

トップページ > 会計実学 > 会計センスを磨くためには!

会計センスを磨くためには!

 

昨日の続きです。

昨日は『費用収益対応の原則』について書きました。

この原則は、会計において最も重要な考え方となります。

使いこなせると、会計センス200%ですね。

 

えっ?わかんなかったですって?

ははぁ、さてはちゃんと読んでませんねっ!

とばし読みしたでしょ?

特に真ん中当たりの数字が出てきたところ。

確かに昨日のエントリーは長かったので、途中でイヤになった人もいるでしょう。

でも、書いてあることは難しくはないはずです。

一度きちんと時間を取ってちゃんと読んでみて下さい。

一旦理解できると、一生使えるんですからねっ! 

 

今日はもう一つの基本的な考え方について書いてみましょう。

これも一生使える考え方です。

それは

 

 

 

★★ 期 間 損 益 計 算 ★★

 

 

と呼ばれるものです。

 

あ、また眉間にしわ寄せましたね。

いや、言いたいことはわかっています。

「なんだよ、漢字ばっかでわけわかんねぇよっ!」

そりゃそうでしょ、専門用語なんだから。

大切なのは専門用語を覚えることではなくて、その意味を理解することなんです。

だから昨日の「費用収益対応の原則」もそうですが、こんな専門用語そのものを覚える必要は全くないんですよっ!

勘違いしないで下さいね。

ウエスタン会計は実践会計です。

無駄なことは一切排除します。

専門用語を覚えるなんて、究極の無駄でしかありません。

だ・か・らっ!

その意味を理解して下さいねっ。

 

期間損益計算とは、簡単に言うと『決算は1年ごとにやりましょう』という約束事だと思って下さい。

『えっ?そんなの当たり前じゃん?』って思いましたか?

そう、当たり前なんです。

当たり前なんですが、会計的には非常に重要な部分なんですよ。

どうして『決算は1年ごと』となったのかの理由はここでは省略します。

これはそれほど重要じゃありませんからね。

期間損益計算の重要ポイントは

 

 

 

その収益・費用は今年に計上するのか、来年に計上するのか

 

 

 

だと思って下さい。

一つ例を挙げてみましょう。

例えば、01年12月28日に商品代金100万円を受け取ったとします。

しかし年末休暇に入る都合上、実際の商品出荷が02年1月4日となったとしましょう。

この場合、商品代金100万円は01年の売上になるのか、02年の売上になるのか?

どっちだと思います?

答えは、02年の売上となるんです。

これにはちゃんとした理由もあるんですが、それはまた別の機会にしましょう。

ここで理解して欲しいことは、

 

 

 

02年の売上にしなければならない!

 

 

 

ということなんです。

『たった1週間くらいのことだし、代金はもらってるんだから別に01年でもいいじゃん!』

と思うでしょ?

あ、今『うんうん』ってうなずきましたね。

ブッブ~ッ!

ダメなんですっ。

これやったら税務署にダメ出しされますよ。

また一つ、こそっと教えちゃいますね。

実は、これも税務調査でしっかりチェックするところなんですっ!

ほとんどこれだけで1日かけることもあるんですよ。

また、昨日の『費用収益対応の原則』同様、税理士がわからないことが出てきたときに戻る基本原則なんです。

 

今日の期間損益計算も一旦理解すると一生使えるものです。

これ知ってる社長には、税理士も一目置きますよ。

言葉だけじゃダメですけどね(笑)。

ウエスタン会計をきちんと学べば、無駄なことをせずに会計センスが身につきます。

ビリーみたいなもんですね(笑)。

辛いのは初めだけ、後はだんだん楽になります。

みんなでビクトリー目指そうっ!

 

みんなよくがんばった。
努力は必ず結果になる、諦めるな!
お前なら出来る!!(笑)

  

  

 

ブログランキング、今日は23位まで戻りました!

応援してくれている皆さん、ありがとうございますっ!

面白かったと感じたら、ここをクリックしてねっ! 
                     ↑
おねがいしますっ!もっと応援クリックしてやって下さい(笑)

  

2007年7月20日

コメントを投稿