思考を超えた節税で企業の可処分所得の最大化を目指す:安藤税務会計事務所

トップページ > 会計実学 > 勝ち組のための会計とは?

勝ち組のための会計とは?

 

経営分析表って、目にしたことありますか?

事業を営んでいらっしゃる方であれば、きっと一度は目にしたことあるでしょうね。

そしてそれを前にして、解説を受けたこともあるでしょう。

 

経営分析っていったいなんでしょう?

流動比率? 長期固定適合率? 売掛債権回転率? 在庫回転期間?・・・・

たくさんありますね。

でも

 

 

 

こんなのどうでもいいんですっ!

 

 

 

なんだかすごく重要そうに聞こえますが、全く無視して構いません。

例えば売掛債権回転率が悪いと言われて、改善できますか?

お得意先へ行って、「今まで3ヶ月サイトの手形だったけど、今月から現金にして下さい。」なんて言えますか?

言えませんよね!

あるいは流動比率が悪いって言われて、何かできますか?

仕入れ先へ行って、「来月から半年サイトの手形にしてくれますか?」なんて言えますか?

言えないでしょ?

はなっから無理なんです。

ほとんどの分析数値で同じ事が起こるんです。

結局、中小企業にとって必要な指針は一つだけなんです。

それはなんだと思いますか?

 

 

 

お  金

 

 

 

ですよ!

つまりは資金繰りだけなんです。

中小企業は資金繰りだけに一点集中すればいいんです。

そもそも会計なんてほとんど分かんないんでしょ?

だったら中途半端に経営分析なんてものに手を出さずに、資金繰りだけに集中して、後はひたすら売るだけです。

あれもこれも手を出すから、結局なんにも出来なくなるんです。

 

 

 

勝ちたかったら、会計は資金繰りに一点集中!

 

 

 

これがウエスタン会計の神髄です。

 

 

 

きゃ~っ! 一時24位まで行きました!!

皆さんの応援のたまものです。本当にありがとうございますっ!

ブログランキング今日は24位でしたっ! 
                     ↑
おねがいしますっ!引き続き応援クリックしてやって下さい(笑) 

 

2007年6月27日

コメントを投稿